ホーム

土の中で続編

読了までの目安時間:約 3分

プランターに埋葬していつしかそのことも忘れ
花を植えたりしてプランターを使用していましたが
花が枯れたのをきっかけに長らく放置。

どれだけの年月がたったかわからないけど
土を再利用しようとベランダに新聞紙を敷き土をひっくり返したら・・・・

なんか小さな人形のようなものが見えて( ゚д゚ )
よーくみたら埋葬したコミミトビネズミがそのままの姿で現れたんです。

正確にいうと見た目はそのままですが内蔵とか干からびてて存在してなく
外見だけその形状を保ってる。。。。
いわゆるミイラというやつですね。

よーくみると細い手足と歯やヒゲなんかも残ってて
ほんとに標本とかにするのにぴったりな姿。

びっくりしました。
こんなことってあるんですね。

*****************************
ミイラ(木乃伊)とは、人為的加工ないし自然条件によって乾燥され、長期間原型を留めている死体のことである。永久死体であって「枯骸」とも呼ばれる。

同様に長期間保全される状態となった死体としては他に、「死蝋(しろう)」がある。これは、ミイラが主に乾燥によって成立するものであるのに対して、湿潤環境によって成立する永久死体である。
Wikiより
*****************************

日本の気候でミイラになるにはかなり難しいみたいだけど
もともと砂漠の生き物だから体内の水分が少なかったのかな?

ミイラを検索したら即身仏とかいうのでてきてぞっとした。
存在は知ってたけど、そこに至る経緯とかみてて
やはり何かを信仰する人って考え方が違うんだよね。

即身仏になるために木の実や木の葉などを食べミイラになりやすい
骨と皮だけの体を生きながらにつくっていくとか。。。

ここまでいくときっと生きることは頭の中にないんだろうね。
こんなこと考えた人鬼だよ。

人間生きてこそだよね。

土の中で

読了までの目安時間:約 2分

ずっと昔、コミミトビネズミというネズミを飼っていました。

名前のとおり、小さくてぴょんぴょん飛ぶように走るネズミなんですが

パキスタンからアフガニスタンにかけての砂漠地帯に生息するネズミ。
5百円玉程度の大きさで2等身、カンガルーのように後ろ足で跳ねて
飛ぶように走ります。

2等身という愛くるしい姿にファンも多いようですが
飼育がむつかしく、コストもかかります。

ある日、ペットショップの片隅にクワガタ虫を飼育するような
透明ケースに入って売られているのにでくわしました。

見たこともないその姿に興味深々。
捕獲することさえむつかしく、ペットショップにいることさえ
レアなんだとか。
ほんとに手のひらで握りつぶせてしまう小ささで
はるか遠い砂漠から連れてこられ自由も奪われ
小さなケースの中で作られた熱帯の環境で静かに息をする
この生き物がかわいそうに思えてきて
買っちゃいました。

今にして思えばちゃんとした知識もないくせに興味半分で購入したこと
反省しています。
とはいえ、専門家などどれだけいるのかっちゅう話なんですけどね。

温度管理と毎日の新鮮な餌やり。
毎日ヒヤヒヤしながら、&楽しみながらみていました。
それでも環境に慣れたのか餌もよく食べるし元気に過ごしていましたが
やはり季節の変化に敏感で急に寒くなったころ突然その命をおえました。

いつも死んだようにひっくり返って寝てるのでその時も
寝てるのかなと思ったんだけど餌を入れても起きてこなかったので
触ってみたら死んでたんです(´;ω;`)

どうしていいかわからずにベランダにおいてあったプランターの土に埋めました。
花を植えたら養分になるかなとか思いつつ。

弱いとは聞いていたけどこんなにあっけなく逝ってしまうとは。。。

梅雨

読了までの目安時間:約 3分

この季節になると夜になると現れるかわいい小動物。
職場の網戸に夜になると張り付いています。
ヤモリですね。
昔はヤモリとイモリの違いがわからなかった。
まあ、見た目はほんとに同じなんですけどね。
☆ヤモリ☆
全長10-14センチメートル。体色は灰色や褐色で、不鮮明な暗色の斑紋が入る。環境に応じて体色の濃淡を変化させることができる。全身が細かい鱗に覆われるが背面にはやや大型の鱗が散在する。尾は基部に2-4対の大型のイボ状の鱗があり、自切と再生を行うことができる。体は扁平で壁の隙間等の狭い場所にも潜りこむことができる。

四肢には指ごとに1対の趾下薄板が発達し、壁面にも張りついて活動することができる。

夜行性で、昼間は壁の隙間等で休む。獲物目当てに灯火の周りに現れることが多く、驚くと壁の隙間等の狭い場所へ逃げ込む。トカゲやカナヘビ同様、驚いたり敵に捕まりそうになると尾を自切することがある。切れた尾は分離後10分程度くねくねと動いたり跳ねたりする等非常に複雑な動きをする。尾は再生されるものの完全に元の状態に戻るわけではなく、元の尾と再生尾とでは視認できる程度の違いがある。冬になると壁の隙間や縁の下等で冬眠する。

☆イモリ☆
アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)は、有尾目イモリ科イモリ属に分類される両生類の一種。
全長は10cm前後で、2対4本の短い足と長い尾をもつ。サンショウウオ類と異なり皮膚がザラザラしている。背中側は黒-茶褐色で、腹は赤地に黒の斑点模様になっている。赤みや斑点模様は地域差や個体差があり、ほとんど黒いものや全く斑点が無いもの、逆に背中まで赤いものもいる。
Wikiより

☆見分け方☆
一番簡単なのはお腹の色でしょうか。
イモリは赤黒が点在しているようです。腹の赤黒の斑点模様は毒をもつことを他の動物に知らせる警戒色になっていると考えられているとされています。

形は似ているのに、かたや両生類、かたや爬虫類というまったく違う生き物であるという不思議。イモリに関しては足のないミミズに似たものもいるそうで・・・・。
画像みたけどかなりグロテクス。遭遇したくないな(´・ω・`)

春なのに

読了までの目安時間:約 3分

やっと咲いたサクラ

きっと今夜からの雨でおしまい(´;ω;`)

儚いですね。

サクラの咲く季節になると思い出す人がいます。

きっと一生忘れることはないと思います。

お店の従業員と客、それだけの関係。
でも自分の子供のように応援してた。
成長していく姿を楽しみにしてたのに
彼は4月に入って間もないある日、突然逝ってしまった。
あれから何年たったんだろう。

あの店には辛くて行けなくなった。
きっと行くたびに泣いてる自分が想像できる。
それでも行ってあげるのが供養だとは思うんだけど
やっぱりつらい・・・。

人の命を簡単に奪ったり
自分の命、あっさり捨ててしまったり

そんなの見てたら無性に腹がたつ。

いらないならその命、彼にあげて。
彼の人生歩かせてあげて。

明日、何が起こるかわからない。
それはだれしも同じ。

自分だって明日の朝、目がさめないかもしれないよね。
まあ寝てるうちに死ねるんなら本望かな。

死んだことにも気づかずふわふわしてるに違いないww

死んだあとどうなるのか、わからないから怖い?
いや、怖いのは残された人のこと。

見えるんだろうか?
生きてる人たちが。
魂になった自分が生きてる人たちを見て何か思うの?
さよなら言うのかな?

そんで死んだじいちゃんやばあちゃんに会えるのかな?
もう生まれ変わっていなかったりしてね(^_^;)

輪廻転生
だったらどこかでまた会えるんだよね。

昔からこういう逸話好きだった。
神や天使、悪魔、魔女、龍などの架空の生物。。。
あ、ネバーエンディングストーリーのファルコンも好き~(笑)

あとユニコーンとか。
ジブリ作品はそんな私にピッタリ。
千と千尋の物語のハクがお気に入りですん(o^^o)♪

暗い気持ちで終わりたくなかったから
無理やり方向転換してみた(^_^;)

さて寝るか。
目があきますよーに。

ケイコとマナブ

読了までの目安時間:約 3分

書店に行って購入してきました。

100円!(°д°)

資格は持ってるんです、
立派な国家資格を。

でももう疲れた。
違う仕事につきたい。

人間相手にするのはもううんざりなんです。
心身に限界を感じると自分の本性が垣間見えます。

時々、病院とか施設とかでの老人虐待のニュースをみますが
その虐待してしまった人の心情もわからなくもないです(;Θ;)

擁護するつもりはないですけど、そこまで追い詰められてたんだろうなって
同情したりする自分がいます。

最近はメンタル病むひとが多いですね。
これも核家族の影響なんでしょうか。

自分が生まれ育った家は祖父母、独身の叔父2人、両親、弟の8人家族。
本家だったのでつねにいろんなひとが出入りし、
テレビや電話が一般家庭に普及しつつあったころなので
テレビを見に来るひと、近所の人の電話の取り次ぎなど
いろんな人との関わりの中で育ってきました。

ほんとに隣保の人たちはみんな家族という感じで
隣に誰が住んでるか知らないなんていう
こんな時代がくるなんて思いもしなかった。

人との関わりが小さころから少ないから大人になって
社会に出たときにそうなるんだろうな。

思い通りにならないとすぐに消えたいとか死にたいとかいう。

だったら死んでみろって思う。
生きたくても生きれない人がこの世にどれだけいるか
その人たちにその命譲ってあげてよ。

芸人の有吉がTwitterで彼氏に振られた死にたいって言ってきた子にたいして
「死にたいなら勝手に死ね、一生懸命生きてる人に失礼だ。」
ってリプしてたのを見たとき、胸がすーっとしたのを覚えてます。

失恋はつらい、ほんとに目の前真っ暗になって
明日のことなんか考えられなくなるから気持ちはわかる。

でも死にたいってのはなんだかなぁって思うのよね。
自分を愛してくれない男のために命捨てようなんて馬鹿げてる。

人生は自分のもの。
人に振り回されるためにあるんじゃない。
あたしもこの歳でやっと気づいた。。。かな。。。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報