ホーム

パーティ

読了までの目安時間:約 2分

仮装について前回書きましたが
何にしても楽しんだ者の勝ちって気がします。

神経質になっていちいち目くじらたてても相手は何も感じちゃいない。
主催者側はそれでもチケット買って来てくれればOKみたいなね。

調べてみたらパーティといってもいろんな意味合いがあるようで。。

パーティとは、大勢で集まって食事や会話を楽しむ会合のこと。日本で「パーティをする」「〇〇パーティ」と言えばほとんどこの意味で使われやすい。お食事会、お楽しみ会。

パーティは何かを祝う際やあるいは仲間内での親睦を深めるために行うことが多いです。
代表的なパーティは下記の通り。
どれも誰でも一度は経験したことのあるものばかり。。。
お見合いパーティはどうだろ(笑)

********
誕生パーティ
クリスマスパーティ
ハロウィンパーティ
結婚式の披露宴
歓送迎会
祝賀会
お見合いパーティ
********

日本ではあまり使われないが英単語のpartyは人々が集まって形成される集団・政党も意味するみたいです。
political party

自民党や民主党といった政党も英単では〇〇partyと訳されます。

たとえば
民主党 → The Democratic Party of Japan
国民新党 → The People's New Party
新党日本 → The New Party Nippon
自由民主党 → The Liberal Democratic Party
公明党 → The New Clean Government Party
みんなの党 → Your Party

みんなの党がウケルwww

言葉の壁の厚さを感じずにはいられないです(^_^;)

仮装

読了までの目安時間:約 3分

VAMPSハロウィンパーティに参加するときに
仮装とコスは違うからと友達が言ってたんだけど

このライブ、仮装してくるのが前提条件

とにかくなんでもいいからハロウィンらしい服装で。

何もかもが始めてだった一昨年。
悩んだ挙句、楽天でヒョウ柄のネコ衣装を買いました。
アイマスクとネコミミカチューシャ、ミニワンピ。

いや、なにがつらいって寒いんですよwww

でね、チケットにも書いてある。
仮装しないと亡霊たちの機嫌が悪くなりますよってww

で、ウィキペディアの登場

仮装とは
1.仮に他のものの姿を真似て装うこと。
2.あたかもある出来事が実際にあったかのように見せかけること。仮装売買など。
3.仮に装備して別物にすることや偽装してある物として見せかけること。仮装空母や仮装巡洋艦など。

そしてコスプレとは
アニメやゲームなどの登場人物やキャラクターに扮する行為を指す。それらのジャンルの愛好者や同人サークルが集まるコミックマーケット、同人誌即売会を始めとする各種イベント、また、ビジュアル系バンドのライブ会場等で見かけられる。 コスプレを行う人をコスプレイヤー (cosplayer) と呼ぶ。

簡単に言うと仮装は形、見た目だけ。非日常の世界を楽しむものであり、
コスプレはアニメやゲームなどのキャラクター、好きなバンドのメンバーとか、
心身ともにその対象になりきるというもの。

身近ではライブ会場にいけばコスさん、たくさんいますし
自分もプチコスしますからぴんとくるんですけど
こういう世界知らない人には同じに思えるのでしょうね。

そのVAMPSハロウィンパーティにタミヤTシャツ着てくる金爆ファン・・・
恥ずかしいからやめてください。
ツアーのメンバーのコスでくるのもやめてください。

ライブが見たいだけならワンマン行けばいいだけの話。
趣旨も理解せずワンマン気分でくるとかほんと恥ずかしい。

今年も呼んでもらえるんだろうか(;_;)

そもそもハロウィンてなに?

読了までの目安時間:約 3分

ハロウィンパーティーで検索するとやはりVAMPSがでてくるほど
日本ではおなじみになってるようですが

じゃあこのハロウィンってなに?

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en[※ 1][※ 2])とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある[1]。

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる[2]。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3ウィキペディアより抜粋

なるほどね。

なんでかぼちゃのお化けが出てくるんだろうとか不思議だったんだけど
ちゃんとした謂れのある行事であることはわかった。
日本は平和ですね。

VAMPS ハロウィンパーティ

読了までの目安時間:約 3分

ラルクアンシエルのHIDEさんのロックバンド“VAMPS”が毎年開催しているハロウィンパーティ。

昨年の最終日の幕張メッセと今年の最終日、神戸ワールド記念ホールのライブに
参加しました。

VAMPSそのものも知らず、ただゴールデンボンバーが好きで初参加した去年のパーティ。
今年も参加してその魅力の虜になってしまいました。

ハロウィンというもの自体、なんやねんってずっと思ってきて
日本人には関係ないのになんでこんなに浮かれて騒ぐの?と思ってきたわたし。

仮装というものも楽しいけど本来の目当てが金爆なもので
あまり力をいれずに行ったら常連さんの仮装がすごくてびっくり。

ライブのアーティスト転換の間に予選で選ばれた人がステージに立てるというスペシャルな企画もあり
これは力が入るだろうなと。
お客さん参加型、いいですね。
ジョイサウンドとのコラボでカラオケもありました。

で、このカラオケの最後にプロが出てくるのですが
去年は青木隆治。
今年はMUCCのボーカルたつおさん。

青木さんは急遽呼ばれたとのことで仮装はなし。
たつおさんは妖怪ウオッチのジバニャンの仮装。
顔の特殊メイクがクオリティ高くてあのメイクであれだけの声出せるとかすごいと思いました。
口が開けにくそうでしたからww

青木隆治さんは文句なしです。
まさか生であのモノマネを聞けるなんて思いもしなかったです。

最後にABCのYASUさんのモノマネをしてそのそっくりさに会場からどよめきがおきたんですが・・・
歌の途中で「こんなの歌えねぇよ」と投げ出し(笑)
CDでしたwww

始めてYASUさんの歌声を聞いたんだけどすごく綺麗な声ですね。
あの風貌からは想像できません。

去年はこれに乃木坂も出てたんだけどアウェイ感はんぱなかったです。
まるまるトイレタイムに使わせていただきました。

m(_ _)m

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報